お宮参り


我が家の次男に初めての子供が生まれました。

私達もだいぶ年をとって、多少の余裕も出来たので、お宮参りの着物を染めることにしました。     

今まではなかった事ですが、次男が子供の頃(小2)に描いた絵を、お宮参りの祝い着に染めることにしました。





じい様頑張りました。
こんなの出来ました





記念撮影      泣いてます。





新しい年が静かで良い年でありますように。    
   

できることだけコツコツと

私は小さい頃から書くことが好きでした。
書道を皮切りに、篆刻や寄席文字などもやってみたけど、長続きせず途中で挫折。

どうも難しいことや面倒なことに挑戦する勇気がないダメ人間だと思う。

好きなことで、やさしいことだけやってしまう。
そんな飽きっぽい私ですが、16年も続いていることがある。

昔パソコンを買った時に始めたホームページで気が向いた時にプログを書いていた。

たまに「見てるよ~」と言ってくれる人がいるので、そんな言葉に背中を押してもらって細々と続けてきた。

この夏行ったドイツの旅行記は頑張った。

写真をコピー貼りつけ縮小をしてファイルに保存を毎日少しづつ繰り返し、とうとう200枚貼りつけるのに2ヶ月もかかってしまった。

苦労した 旅行記、ヒマがあったらのぞいてみてください。





 アドレスは        ohayo33.fc2web.com      

〈今日はなにをしようかな〉

これからも、ボケ老人のつれづれ記 続けていこうと思います。





できることだけコツコツと
をモットーに生きていきます。 あ



11/11  鎌倉 欧林洞 コンサート

 
昨年に続いて、今年も電話申し込みでやっとチケットをゲットした。

去年は抽選で外れ、今年はドイツから往復葉書の申し込みが出来なかった。
やはり鎌倉は外せない。

坪さんも、身内感いっぱいで、すごく砕けた感じで、楽しいコンサートだった。

曲は秋満載だった。

ふきのとう時代に、山木さんが歌った坪さんが作詞作曲した「夜汽車」を
また聴くことが出来た。 良かったなぁ。

久しぶりに聴いた「おやすみ」と「セクシー」のコラボ、すごくステキだった。

「雲のわだち」は聴けなかったけど、「僕のエレファント」も良かった。

坪さん「白い冬」愛を、熱心に語っていた。   どんなに思い入れがあるかを。

前回のアンケートに、「テレビなどで歌う時は、ほかの歌も歌ってほしい。」と
書いたからだと思う。

気持ちは重々分かるけど、ほかにステキな歌が沢山あるのに、他の歌も聴きたいよ。

帰りは下のティールームで紅茶とケーキをごちそうになって帰った。

心に残るコンサート

 

甲府、桜座  細坪基佳コンサート、今年も行ってきました。
もう何回目だろう

昔、芝居小屋だったという小さなライブハウスだけど、舞台が一番低くて、客席は一番前が畳が置いてあって、それから階段のように段々に座るようになっていて、どこに座ってもよく見える、二階席もある

旅行気分で行って日帰りで帰れる手頃な距離で、新宿からスーパーあずさで1時間半でいける。

2時半に開演したので、終わって外に出たら、外はまだ明るかった。

こんな時間のコンサートっていいね、ツボさんも言っていた「年取ると早く起きてしまい、後の時間が長いから、早くコンサート終わって、打ち上げも早く終わらせたいと」

若い若いと思っているツボさんだけど、やっぱり年はかくせないよね。ムリしないで年相応でいいですよ。


今日のライブはとっても楽しかった。

2度と聞けないと思う、遠藤賢司さんと昔交流していた頃のエピソード、そして細坪さんが歌う「カレーライスの歌」

これが聞けただけで、今日来て良かったと思った。

それから「雲のわだち」
その前に「追想」を聴いたせいか、雲のわだちのイントロを聴いたとき、目頭が熱くなった。

心に残るコンサートでした。




こう見ると年間、いろんな人がライブをしているようです。

この間の飯田canvasもそうだったけど、地方の方が、小さいライブハウスでも設備なども工夫して頑張っている気がする。

帰りはちょっと贅沢して、グリーン車でピクニック気分してきました。

   

ライブハウスは楽しいな


細坪基佳コンサートで、2年前に行った長野県飯田市のライブハウス「canvas 」に行った。



以前、街もステキで、コンサートも楽しかったので、また是非行きたいと思っていた。
なので、豊島園のイベントをパスして参加した。

100人  入らないくらいの、ライブハウスで、満員で舞台に足が届きそうな近さの最前列だった。
(意外と地元の人がたくさん来ていたみたい)

小声で話す声も聞こえてしまう様で、ツボさんから言葉が返って来るくらい近くで聴く事が出来た。

最近はいつも最初の1曲はサービスで、2曲目の「バス停まで」から始まった。

最近定番の「君のこころを歌にしよう」とか、秋らしいしっとりした歌が多かった。

大好きな「雲のわだち」も歌ってくれて、最後の「エンドレスソング」で、
こちらも 満足、満足という感じで終了できる。

喉もすっかり治ったみたいだし、チベットに旅した いきさつも詳しく聞くことができた。

楽しいコンサートだった。

飯田の街は、落ち着いていて、前に入ったカフェにまた入ってみた。
そこのバタートーストの美味しかった事。

公園には「秋映」がたわわに実っている。

 

そして 泊まったホテルの純和風の朝食のおかずの多さ、そして美味しさ、また泊まりたいと思った。

1泊2日の旅、あいにくの雨だったけど楽しかったな。

プロフィール

管理人

Author:管理人
Y・・・・江上芳子
桑沢デザイン研究所をへて、
染色から日本刺繍の道へ。
江戸刺繍伝統工芸士
文化服装学園通信講座卒業


A ・・・・奥下朝子
桑沢デザイン研究所(ビジュアルデザイン科)を通り抜け
染色の道へゆくも挫折
イラストレーター
日本ヴォーグ 学園手編み講師養成講座卒業、
手編み指導員 手編み講師 資格取得


http://futago.cart.fc2.com/


店主 江上芳子 奥下朝子

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR