誕生日は誰にでもやって来る

昨日は7?回目の誕生日で、極めて後期高齢者に近くなりました。
だからと言って、急に老いる訳もなく、気持ちはいつもと変わらず若いつもりです。
甥が、「外食行こうか」と誘ってくれたけど、旅先でいつも外食してるからとお断りして、家で普通にカレーとサラダの夕食にした。

甥は仕事帰りに、ケーキを買って来てくれた。
ドイツは牛乳、チーズ、ヨーグルトなどすごく安くて美味しい。

カフェのカフェラテは、いつも感動するくらい美味しい。
そしてチョコレートも美味しいそうです。
「地味なケーキ買って来たよ。」と言っていたけど、なかなかどうして。

甘さは控えめ、シットリ濃厚で感動の美味しさだった。

また1才歳を重ねることのになりました。

楽しいベルギーの旅

8月15日(火)
現地の人は知らないという「フランダースの犬」のお話。
日本人だけしか行かないというのなら、この際行っておかないと失礼かと思って、ルーベンスの家から歩いて、聖母教会に行ってみた。
教会ではちょうどミサの最中で、外も中も
たくさんの参拝のヨーロッパ人がいた。
日本人だけとはウソじゃん、それにネロとパトラッシュの銅像が 可哀想すぎる、ちょっとガッカリ。


アニメの可愛さとえらいちがい

ベルギーに行ったらベルギーワッフルを食べたいと、思っていたけど、食事の合間に食べるチャンスがなくて、
アントワープの駅のホームの売店で、アジア系のおばさんが1人で焼いていたので、買って
帰りの列車の中で食べた。
クリームは甘くなく、フレッシュな苺が美味しかったけど、ワッフルの生地が甘かった。
プレーンを食べた息子も甘いと言っていた。
〈世界の車窓から〉を見てあこがれの、〈ヨーロッパ列車の旅〉もできたし、ベルギーワッフルも食べられた。
楽しいベルギー旅行でした。

アントワープ市内見学

昨日のブルージュは、本当に街並がステキだった。
どの道を曲がっても美しい街並。

日帰りで残念だった。
でも、ベルギーに来る事が出来て良かったと思う。
ブルージュからアントワープに帰って、次の日 市内をまわることにした。
中世の宮廷画家のレンブラントの家へ行った。
すごい。王宮か宮廷みたいな家。
絵も沢山あったけど、生活感のある所が見たい。

暗くて良く見えない……厨房

子供部屋のベッド。  寒くないように暖炉のちかくに。
このベッドを使っていた子供は幼くして亡くなった。

ベッドの横の暖炉と、亡くなった子供の肖像画。

リネン室  壁にロール状のレースが下がっている。カットして使うのかな?
次にモード博物館に行った。
エルメスのデザイナーをしていたmargiela の作品。
さすが、すごく素材が良く、そして斬新な所もあっておもしろかった。

ブルージュへレースを見にゆく

8月12日
日帰りでブルージュに来ました。
ブルージュの駅を降りたら、旅行客が多いのにビックリした。

修道院の塀に沿っての静かな道を歩いて、賑やかな通りへ出た
レストラン、チョコレート屋さん、500種類のビール屋さん、レース屋さんなど、お店やさんがたくさん。


やっぱり観光地、お土産やさんが多い。

レース屋さん  ここのお店は高級品で買えなかった。


なさけない顔の獅子とクマ

小さなレースとクロスステッチの本買いました。

アントワープ   レーベンスホテルの朝食

旅の楽しみの、大きな一つは ホテルの朝食です。


ミューシャみたいな絵とt美しい天井。
ここは、食材の種類は豊富じゃないけど、
こじんまりした食堂がすごくステキです。
豊富にあっても、いつも食べるものは決まっているのだし、
これで充分。

プロフィール

管理人

Author:管理人
Y・・・・江上芳子
桑沢デザイン研究所をへて、
染色から日本刺繍の道へ。
江戸刺繍伝統工芸士
文化服装学園通信講座卒業


A ・・・・奥下朝子
桑沢デザイン研究所(ビジュアルデザイン科)を通り抜け
染色の道へゆくも挫折
イラストレーター
日本ヴォーグ 学園手編み講師養成講座卒業、
手編み指導員 手編み講師 資格取得


http://futago.cart.fc2.com/


店主 江上芳子 奥下朝子

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR