ドイツみてきました

ドイツに2回いって、とてもカルチャーショックをうけた。ドイツ人の国民性がわかったような気がする。



ドイツ人は正直で国民は国から信頼されている。

あんなに国土の広い国なのに国中が決まりを守っているのが、日本人の私から見たら不思議な気がする。飛び出して自分だけ目立とうとか、儲けようとか、しない。

一番感心するのが、ベルギーもそうだったけど、公共の乗り物にのっても、切符を買うだけ、あとは改札もなくてサッサと外に出られるから駅の中が混み合わない。自転車だって一緒に乗れる。
本当に無駄なことをしない国だと思う。




ゴミにしてもそうだ、紙は再生資源でガラスは色別に捨てるけど、無駄な分別はしない。
空き缶も燃えるゴミ、

あと服と靴を入れるポックスがあった。
買ったものをいちいちレジ袋なんかに入れてくれない。日本なら、ボールペン一本買ってもレジ袋に入れてくれる。
袋を断ると、テープを貼る

日本は国民どうし信頼できないのか、人を見たら泥棒と思え形式だ。
福島の原発事故の後いち早く原発を停止したドイツであちこちで風力発電を見かけたし、



屋根の上にソーラーパネルを乗せている家もけっこう多かった。
ドイツ、美しい国だった。車窓の風景は行けども行けども緑の牧草地、どの町に行っても歴史的建造物があって、大聖堂や旧市庁舎など、目をみはる美しさ。





古いものを大切にして、地に足がついてるなーと思う。

       

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

管理人

Author:管理人
Y・・・・江上芳子
桑沢デザイン研究所をへて、
染色から日本刺繍の道へ。
江戸刺繍伝統工芸士
文化服装学園通信講座卒業


A ・・・・奥下朝子
桑沢デザイン研究所(ビジュアルデザイン科)を通り抜け
染色の道へゆくも挫折
イラストレーター
日本ヴォーグ 学園手編み講師養成講座卒業、
手編み指導員 手編み講師 資格取得


http://futago.cart.fc2.com/


店主 江上芳子 奥下朝子

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR