「子供時代に戻る」は ほんとかな





私は子供の頃は、着せ替えと絵を描く事が好きだった。

絵と言っても絵画ではなく、いつも人形の幼稚な絵を描いて遊んでいた。

最近仕事の刺繍が、お絵かきのように、好きなものを描いて、刺繍をするのが楽しい。

糸で絵を描く事と同じだなと、思うとおかしい。

仕事と思うと、億劫でなかなか捗らないけど。

昨日寝ながら深夜便を聞いていたら、詩人の  新川和江さんがお話していて、

全うする人生なんてないのよ。

みんな死ぬときは道半ば、やり残したものがあるのが当たり前。

全うして、死ぬのを待つなんてつまらないでしょ。

と言っていた。

ガッテン  ガッテン!!!そうだよね。

中途半端なものばかりなので、その想いにとらわれて、にっちもさっちも行かない気分で焦っていた。

もう定年をとっくに過ぎた年なんだから、やりたい事やって、楽しく過ごそう。

と、思ったら気が楽になった。

でも、もう新しいこと始めないように。

材料買い込まない様に。

絶対だよ、Y子ちゃん。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

管理人

Author:管理人
Y・・・・江上芳子
桑沢デザイン研究所をへて、
染色から日本刺繍の道へ。
江戸刺繍伝統工芸士
文化服装学園通信講座卒業


A ・・・・奥下朝子
桑沢デザイン研究所(ビジュアルデザイン科)を通り抜け
染色の道へゆくも挫折
イラストレーター
日本ヴォーグ 学園手編み講師養成講座卒業、
手編み指導員 手編み講師 資格取得


http://futago.cart.fc2.com/


店主 江上芳子 奥下朝子

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR