ポターさんの家へ






湖水地方には、ピーターラビットの作者 ビアトリクス・ポターさんの
ゆかりの場所が、あちこちに点在している。

私たちは、時間にゆとりがなかったので、ポターさんがずっと
暮らしていた家を見学することにした。

番号をもらって、10人くらいづつ順番に入る。
中で説明してくれたのが日本人だった。 良かった。

部屋には、ポターさんの手作りのベッドカバーや、刺繍や、こだわりの小物などが飾られていて、
豊かな気持ちで、丁寧に暮らしていた事ががうかがえる。

ピーターラビットを描いたのは、ハガキに知り合いの病気の坊やに
4羽の兔の物語を書き送ったのが最初だそうです。

あんな可愛い動物の物語を描けるポターさん。 どれだけ感性豊かな人なのでしょう、と思う。

奇しくも、東京に帰ってからすぐにテレビで ディーン藤岡さんが湖水地方と
ポターさんの家を紹介していた。

景色も部屋も見て来たまんま…そんまんまで感動した。

丁度ポターさんの生誕150年で 、渋谷ではピーターラビット展も開催されていて、原画をたくさん見る事が出来た。

再現された部屋はちょっとね。 ポターさんの部屋風だった。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

管理人

Author:管理人
Y・・・・江上芳子
桑沢デザイン研究所をへて、
染色から日本刺繍の道へ。
江戸刺繍伝統工芸士
文化服装学園通信講座卒業


A ・・・・奥下朝子
桑沢デザイン研究所(ビジュアルデザイン科)を通り抜け
染色の道へゆくも挫折
イラストレーター
日本ヴォーグ 学園手編み講師養成講座卒業、
手編み指導員 手編み講師 資格取得


http://futago.cart.fc2.com/


店主 江上芳子 奥下朝子

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR