細坪基佳コンサート Live Of Nocturne 2016


.

ドイツから帰って10日余り、今だに時差ぼけか 夜眠い日と、全然眠くない
日と交互にきて1日置きに朝まで眠れない。

だから、コンサートで居眠りしたらどうしよう と心配していた。
でも心配はいらなかった。

さくらホールでのコンサートは、今までと違うちょっとフォーマルな雰囲気で、衣装も紺のスーツをビシッときめていた。
なのに、スーツの後ろをズボンにはさんだまま一曲歌い終わった。

前の方の席だったので、気になっていたら、スタッフが飛んで来て
直してくれた。 ホッとした。

編成も選曲も違って、妹尾さんのピアノ、都留さんのバイオリン、すごくステキだった。

「ブルー」から始まって、静かな曲が多く、あまり聞いたことがない
「夜空の向こう」や、久しぶりの「追想」とか 「セピア色のOld Time Song」とか、歌ってくれた。

「追想」の時は、以前お母様が亡くなった後、涙で声がつまってしまった事が
あって、ドキドキしたけど、大丈夫だった。

坪さんって、本当にご両親が好き、特にお母様が大好きなんですね。。
それが坪さんの人柄をつくっているのだ思う。

緊張感の中に、楽しいハプニングも色々あって、楽しいコンサートだった。

妹尾さんと、山木さんの話しになった時、マニアックなファンがいるから
「その事は言っちゃダメだよ」と言っていたけど、
坪さんも 花鰹応援団 見たのかなと思った。

前に、花鰹のbbs、あまりにマニアックな人ばかりなので、ちょっと投稿したくなって

「いつの日か山木さんの作った歌を細坪さんが歌う日がくるのを楽しみに
しています。」と、書き込みしたら、熱狂的信者の方から
「山木様の歌は山木様が歌うのが一番良い。」みたいに書いてきた。

そこで、A子ちゃんが、
「山木様の声も良いけど、細坪様の声はもっといいです。」と
書いたら、却下された。
それを思い出して笑ってしまった。

アンコールで、「バス停まで」が聴けて嬉しかった。

会場から出たら、坪友さん達と会って盛り上がった。

若い友人たちと同じ気持ちになれるっていいな。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

管理人

Author:管理人
Y・・・・江上芳子
桑沢デザイン研究所をへて、
染色から日本刺繍の道へ。
江戸刺繍伝統工芸士
文化服装学園通信講座卒業


A ・・・・奥下朝子
桑沢デザイン研究所(ビジュアルデザイン科)を通り抜け
染色の道へゆくも挫折
イラストレーター
日本ヴォーグ 学園手編み講師養成講座卒業、
手編み指導員 手編み講師 資格取得


http://futago.cart.fc2.com/


店主 江上芳子 奥下朝子

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR