今年も赤レンガ倉庫コンサート



毎年来ている赤レンガ倉庫のコンサート 横浜が好きだし赤レンガのホールも
大好きなので、ここに来るのはワクワクする。

いつも一緒に行く相棒が都合が悪くて行かれなかったので、
横浜に住んでいる友だちを誘った。

赤レンガ倉庫の一号棟と二号棟の間の広場で、ドイツビールフェアをやっていて、
人があふれていて、開演前に時間があったので、コーヒータイム
しようかと思ったけど、どこも入れなくて、階段に座ってペットボトルの
お茶を飲んだ。

赤レンガ倉庫は外壁も赤レンガだけど、中も、ステージもアンティークなレン
で、ちょっと薄暗くてとても落ち着くところ
でもあのスケルトンの階段だけはこわいのでやめてほしい。

細坪さん衣装も赤レンガに合わせたのか、茶系のチェックのシャツがカジュア
ルで 雰囲気がぴったりあっていた。


次々と細坪さんが話す映画の音楽を、「パピオン」 「ひまわり」 ニュー・シネ
マ・パラダイス」 「シェルブールの雨傘」 など、ツルさんが即演奏する
ヴァイオリンはとても素敵でうっとりした。

一緒に行った友達も、「声がいいね!」「歌うまいね!」と絶賛していた。

初めての人を誘うと、その人の反応が気になって、自分が心から楽しめない
ということがあるけど、この日は全然そんなことなくて、心から楽しめた

アンコールはきっとまだ歌ってない 『白い冬』 と思っていたら、
大好きな 『待ちわび通り』といったので、思わず拍手をしたら
ありがとうと言ってくれた。

今の自分があるのは、『白い冬』のおかげといつも話していた。
白い冬を歌わないなんて、イタリアにも連れて行った曲なのに
ほんとにびっくりだし嬉しい。

今回のツアーは ~新しい旅の始まり~  このことかもしれない


60歳を過ぎても 一歩高いところをめざすって素敵なことだとおもう

これからも楽しみです。

             あ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

管理人

Author:管理人
Y・・・・江上芳子
桑沢デザイン研究所をへて、
染色から日本刺繍の道へ。
江戸刺繍伝統工芸士
文化服装学園通信講座卒業


A ・・・・奥下朝子
桑沢デザイン研究所(ビジュアルデザイン科)を通り抜け
染色の道へゆくも挫折
イラストレーター
日本ヴォーグ 学園手編み講師養成講座卒業、
手編み指導員 手編み講師 資格取得


http://futago.cart.fc2.com/


店主 江上芳子 奥下朝子

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR