まるごと佐野洋子 展





Y子ちゃんの飽くなき探究心には敬服するよ。
これと思ったら、何枚も、何十枚も、刺繍糸で編んでる細編みの小物

全部かたちになったらすごいね。

飽きっぽい私にはとってもまねできない。


先週の金曜日Y子ちゃんと、横浜の 港の見える丘公園 の中にある
県立近代文学館 に行った
雨の港の見える丘公園は人影も少なく、しっとりとして秋の気配だった

近代文学館で、まるごと佐野洋子展を見た。9月27日までで、土日は混みあう
と思って
平日の金曜日、しかも雨 の日に行ったのにけっこうな人だった。

なぜこの展覧会を知ったかというと、又吉直樹のトーク番組で、「お休みの日は
何をしていますか?」 との問に 「休みの日は近代文学館などに行っている」
と答えた時、佐野洋子展のポスターが写ったので知った。

佐野洋子というとたいていは「100万回生きたねこ」というけど、私はその絵本は
知らなかった。
保育園で子どもたちに、100万回生きたねこを読んであげていて、子どもたちが飽き

はなれて誰もいなくなっても、私は面白くて一人で最後まで読んでいたのを思い出
す。

エッセイはほとんど読んでいて、こんな面白い人がいるんかと思った。
読んでしまうのがもったいないので、一冊だけとってあるのがあるけど。

この展覧会は絵本がおもで、エッセイの原稿などは見れた

谷川俊太郎が佐野洋子の夫だった時の二人の対談が面白かった。

映像で見たことなかったので、へぇ~こういう人だったのか、とますます
興味がわいた。
ほんとうに惜しい人を亡くしたと思う


全部ゆっくり見たのでたっぷり時間がかかって、どっぷり佐野洋子に
浸かってきた。  楽しい一日だったね。

             あ





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

管理人

Author:管理人
Y・・・・江上芳子
桑沢デザイン研究所をへて、
染色から日本刺繍の道へ。
江戸刺繍伝統工芸士
文化服装学園通信講座卒業


A ・・・・奥下朝子
桑沢デザイン研究所(ビジュアルデザイン科)を通り抜け
染色の道へゆくも挫折
イラストレーター
日本ヴォーグ 学園手編み講師養成講座卒業、
手編み指導員 手編み講師 資格取得


http://futago.cart.fc2.com/


店主 江上芳子 奥下朝子

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR