細坪基佳と・・・フィレンツェへ






.



バスで一路フィレンツェへ。

チヴィタもそうだけど、道中 天空に家々が並ぶ岩山があちこちに見える。
その小さな街には、必ずドーモ(教会)がある。 信心深いね。

昔 、ペストが流行った時に、まん延しないようにと、離れて街を作る政策がとられたそうだ。

フィレンツェに入ると、関所があって、添乗員さんがしばらく降りて、通行税を払って来た。
そのお陰で、きれいな街になっているらしい。 昔は汚かったと友人が言っていた。

まず、ミケランジェロの丘に行ってから、ウィフィッツ美術館に行く人以外は自由時間になった。

私たちは、前に行ったので、8人くらいでフィレンツェの街をぶらぶら歩いた。

遠景の写真 の ドーモのすぐ横にある、四角い建物の鐘楼に上った。

中は、手摺りのない、狭い階段が螺旋状になっている。 ちょっと恐い。
414段で頂上に到着する。 降りる人と譲り合って上った。

途中の踊り場で3層か4層になっていたので、何とかたどり着いた。

ドーモのてっぺんと同じ高さから見るフィレンツェの街は、絵本の世界みたいで素晴らしかった。

並んだ赤い屋根がかわいい。 美しい街。 街中が、美術館みたい。

途中で鐘がガァ~ンとなって、驚いた。 寒かったけど、 感動的だった。






.

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

管理人

Author:管理人
Y・・・・江上芳子
桑沢デザイン研究所をへて、
染色から日本刺繍の道へ。
江戸刺繍伝統工芸士
文化服装学園通信講座卒業


A ・・・・奥下朝子
桑沢デザイン研究所(ビジュアルデザイン科)を通り抜け
染色の道へゆくも挫折
イラストレーター
日本ヴォーグ 学園手編み講師養成講座卒業、
手編み指導員 手編み講師 資格取得


http://futago.cart.fc2.com/


店主 江上芳子 奥下朝子

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR