坪さんとイタリア ~ その3




.



ナポリのホテルに泊まって、朝食後8時に集合して、今日は細い道という事で、
バス2台に乗って、一路ポンペイ遺跡へ。
(ナポリに2泊なので、荷物整理がなくて助かった。)

歴史が苦手な私は、ポンペイがイタリアにあるとは知らなかった。
字づらから、ポルトガルかと思った。 お恥ずかしい。

そこは、広大な土地にあった国家と言える都市。
道は碁盤の目に広がり、いろんな商店や、劇場や、お屋敷や、風俗や、いろいろ。
水道もあった。 横断歩道もあった。

坪さんは劇場で歌った。 次によその添乗員のイタリアの女性も、カンツォーネを歌った。

気持ちいいだろうな。 拍手喝采した。

パン屋さんも何軒もあって、窯や粉を引く臼なども残っている。
ハンバーガー屋さんみたいなのもあったそうだ。

その頃日本は 弥生時代だと聞いて驚いた。

ベスビオス火山が噴火しなかったら、今どうなっていたかと思うと感慨深い。
鉄は曲がり、燃え残った大理石などの石は、そのまま残っている。

200年以上も発掘が続けられているそうで、イタリアの姿勢が伺える気がする。
日本だったら、どんどん壊して建て替えるだろう。

来て良かったなと思った。
お昼は、遺跡に隣接するレストランで、頂いた。

ナポリはやっぱりピザ。
大きくて、きっと誰も食べ切れなかったと思う。



.

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ピザ、美味しそう(^o^)。
一人一枚?。
良いなぁ♡。
ポンペイ、当時の日本とは比べられないくらい進んでいたみたいですね。
プロフィール

管理人

Author:管理人
Y・・・・江上芳子
桑沢デザイン研究所をへて、
染色から日本刺繍の道へ。
江戸刺繍伝統工芸士
文化服装学園通信講座卒業


A ・・・・奥下朝子
桑沢デザイン研究所(ビジュアルデザイン科)を通り抜け
染色の道へゆくも挫折
イラストレーター
日本ヴォーグ 学園手編み講師養成講座卒業、
手編み指導員 手編み講師 資格取得


http://futago.cart.fc2.com/


店主 江上芳子 奥下朝子

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR