ドイツ見てきました  その3

息子の住んでいるアパートがあるところは、ハイベルク シュトラッセ



ハイベルクシュトラッセというのは、家の前の道の名前で、ドイツでは住所には必ず道の名前にシュトラッセがつくようだ。
(ここの通りも端から端まで隣の家と隙間なく全部つながっている)
ドイツ人は綺麗好きで家の中はピカピカ
という話は本で読んだことある。
アパートの部屋の中は広くて家具などを置くゆとりがある。
キッチンも広くて、ユニットの奥行きが70㎝もあるので、キッチン用品やカトラリーなどとてもしまいやすい。
ああ、なのに流しのシンクがすごく小さくて、野菜を洗ったり、食器を洗ったりすると、まわりがびしゃびしゃになってしまって苦労した。



ドイツではパン、チーズ、ソーセージ、の他のサラダやお総菜などはスーパーでパックに入って売っているから、家庭では料理をあまりしないのかな?
和洋中と皿数もたくさん並べる日本の主婦に比べると、とても恵まれていると思う。
食器やお鍋などはすべて食洗機をつかうのて、食後の洗い物などしない、だからキッチンもピッカピカ    納得できる!
道沿いの家を歩きながら見ても、窓辺に花を置いたり、ステキなカーテンやかわいいオブジェを飾ったり、カーテンを開けてあって、どうぞ綺麗な家の中を見て下さいという感じなので、チラチラと見させてもらう。







気候がいいせいかお花の色が鮮明で、元気がいい

プロフィール

管理人

Author:管理人
Y・・・・江上芳子
桑沢デザイン研究所をへて、
染色から日本刺繍の道へ。
江戸刺繍伝統工芸士
文化服装学園通信講座卒業


A ・・・・奥下朝子
桑沢デザイン研究所(ビジュアルデザイン科)を通り抜け
染色の道へゆくも挫折
イラストレーター
日本ヴォーグ 学園手編み講師養成講座卒業、
手編み指導員 手編み講師 資格取得


http://futago.cart.fc2.com/


店主 江上芳子 奥下朝子

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR