クリスマスイブのケーキ



クリスマスイブの日、Y子ちゃんがケーキを買うというので
一緒にケーキ屋さんの列に並んであげたら、A子ちゃんにも一つ買ってあげる
というので、辞退したのだけど、買ってもらうことになった。

大人一人だし、一人のクリスマスケーキは何だかわびしい。

それにご飯の前に食べるか、後に食べるか迷ってしまった。

昔は別腹というのがあったけど、この年ではそういうのは
通用しないとおもう。

考えた結果、食事の前に食べたのでした。     

Y子ちゃん ごちそうさま   久しぶりのケーキ 美味しかったよ

           あ

      




妹尾武 クリスマス2015 in 品川グローリアチャペル



12月18日  

今年も妹尾武さんのクリスマスピアノ・コンサート 
Y子ちゃんと行ってきました

去年はゲストが細坪さんだったので初めて行きました。
とても素敵なコンサートだったので、来年も行こうねと決めていた。

と言うより、もし細坪さんが東京にいたら、たぶんこの日 妹尾さんの
コンサートに来られるはずだから、もしかしたら細坪さん会えるかも
しれないと、儚い希望を抱いていたのでした。

あわよくば細坪さんが 一曲くらい歌う場面があるかと小さな希望を胸に ・・・
あるわけないよね(≧∇≦)

つぼっち探偵団によると、品川教会に行ったけど、お会いすることはなかった(残念)

会場は小さな教会で古くて落ち着いたかんじで、クリスチャンでない私たちに
も静かにクリスマスをお祝いする気持ちになれるところです

妹尾さんのピアノはミストシャワーが降りてくるみたいと言われているけど、
男らしく激しく怒涛のような激しい曲もあった。

今年のゲストはゴスペラーズでした。
古くからのお知り合いとあって、のびのびと歌ったり喋ったりにぎやかで楽しい
コーナーでした。

去年の細坪さんは、妹尾さんの雰囲気をこわしてはいけないと、とっても
気を使っているのがわかった。
ゴスペラーズみたいに、雰囲気壊して自分のペースでやって欲しかったとは
いちファンの勝手な願いですね

去年も演奏していた杉田せつ子ストリングスの、ヴァイオリンの真ん中の青年
が我が長男によく似ていて、年は我が愚息のほうがずっと上だと思うけど、

個性的な顔をした男の子で可愛いので、来年もその子に会いにゆきたい。

それにしても 19時開演は都内のわが家でも帰りが遅くなって大変だ



スノーマン 展



.


銀座松屋で開催中の、スノーマン展にA子ちゃんと行ってきました。

スノーマンの絵本って 子供達(今はおっさん)が 小さいときに一緒に読んだけど、その後はあまり馴染みがなかった。

スノーマンのマグカップがあったり、テレビの短編アニメで見たくらい。

色鉛筆の原画が、たくさんあって、ほんわか白い雪の絵が癒される。

黄緑色のマフラーを巻いたスノーマン、主人公と遊んだり、空を飛んだり、
冒険する。

本、きっと、まだあるから探してみよう。

会場には、モニターがあちこちにあって、制作風景やアニメを流していて、
見入ってしまう。

アニメーション制作の人が、イタリア行ったとき、ミラノのデパートで買った、色鉛筆のケースに色んなペンを入れて使っていた。

こういう使いかもある。 ガッテン、ガッテン。

デパートの展覧会は夕方が狙い目。 ほどほどの混み具合で良かった。




.

ベビーのソックス



寒くなってきました。  やっぱり12月は 冬ですね

最近 編み物がはかどります。
というより、一日のうちで編み物をしている時間がいちばん幸せかも

ただ編んでいるだけでは、趣味で終わってしまうけど、ネットのショップを持ってい
ることが
とてもしあわせ。

売れなくても、仕事にできて励みになる。


このあいだ図書館で暮しの手帖を見ていたら、可愛いベビーの靴下が載っていた

コピーをして編んでみた。
小さいのでけっこうむずかしく、一足半あんで、2つそろったのが
これです。

もっともっと作りたい。  大人用も編んでみたい

                        あ



刺繍の神様



.


刺繍の神様っているらしい。

その方は、「吉備真備」。

いつからかは分からないけど、刺繍の組合では、吉備大神 としてお祀りしている。
吉備真備さんは、実在の人で、奈良時代に遣唐使として、中国に渡って刺繍を日本に伝えたそうだ。

毎年11月に 「吉備祭 」として 、神田明神でお参りする。

神主さんが、ウオーという掛け声で、吉備大神 をお迎えし、海の幸、山の幸、お酒 などで、おもてなしをする。

皆んなで、玉ぐしをお供えして、また掛け声でお帰り頂くというもの。

神主さんの祝詞が、具体的で聞いていると興味深い。
世の中の景気のことや、伝統工芸がこれからも続く様にとか、よく見ていらっしゃる。

そう言えば、以前岡山に行った時、吉備真備町 や、吉備真備駅 があって驚いた。

地元では、相当有名な方なのでしょう。

ウキペディアには、刺繍とは一言もかいていなかった。

どうして刺繍の神様になったのかは 謎だ。

写真は、神田明神の格天井。





.
プロフィール

管理人

Author:管理人
Y・・・・江上芳子
桑沢デザイン研究所をへて、
染色から日本刺繍の道へ。
江戸刺繍伝統工芸士
文化服装学園通信講座卒業


A ・・・・奥下朝子
桑沢デザイン研究所(ビジュアルデザイン科)を通り抜け
染色の道へゆくも挫折
イラストレーター
日本ヴォーグ 学園手編み講師養成講座卒業、
手編み指導員 手編み講師 資格取得


http://futago.cart.fc2.com/


店主 江上芳子 奥下朝子

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR