エンブレムに思うこと





今年の夏は最高の暑さというけど、私はゴロゴロ昼寝してゆっくり
休養をとったので、それほど暑さは感じなかった。
それどころか、毎日行くカフェで、冷房が寒くてすっかり冷える日が
多かった。(これじゃ冷房病になっちゃうよ)

夏休みの成果はこれ。  友達のスカートと自分のブラウス
それと、黒のレース糸で編んだショール、
これは目が疲れて肩がコチコチに凝った。今までこんなことなかったのに
やっぱり年は正直 これからは頑張らにように程々にをモットーに
しよっと!


私は今まで エンブレム  というのはジャケットの胸ポケットに付いている
ワッペンのことと思っていた。
ポスターがエンブレムというのは初耳だった。

私がニュースで、2020年のオリンピックのポスターのデザインを見たとき
え~これがオリンピック? なんでこれが? と思った

オリンピックなら一目見てオリンピックとわかるのでなきゃ。

これは四角の中におさまって、固くて、なんだか銀行か百科事典の
ロゴマークに見える。

オリンピックは世界のスポーツの祭典だから、もっと血がわき胸躍る、
弾けるようなデザインがいいなと思った

その後、色々と盗作の問題が出てきて取り下げることになったけど、
デザイナーは自分が被害者のような書き込みをしているけど
自分がまいた種なのに。

私が桑沢デザイン研究所に入学した時、一番最初に習ったのは
デザインにおいて人真似をすることは一番恥ずかしいこと、
やってはいけないことと習った。
50年も前のことで他のことは何も覚えていないけど、それだけは今でも
頭のすみに残っている。

そのデザイナーさんは多摩美大の教授をされているようですけど、
今は昔とはデザインのコンセプトもかわっているのかな

これが使われることになったら、中国のミッキーマウスやドラえもん
キティちゃんのことを、笑えないどころか、逆に指を指されて笑われることに
なるので、白紙撤回されてほんとに良かったと思う。

                あ

プロフィール

管理人

Author:管理人
Y・・・・江上芳子
桑沢デザイン研究所をへて、
染色から日本刺繍の道へ。
江戸刺繍伝統工芸士
文化服装学園通信講座卒業


A ・・・・奥下朝子
桑沢デザイン研究所(ビジュアルデザイン科)を通り抜け
染色の道へゆくも挫折
イラストレーター
日本ヴォーグ 学園手編み講師養成講座卒業、
手編み指導員 手編み講師 資格取得


http://futago.cart.fc2.com/


店主 江上芳子 奥下朝子

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR