今年の梅仕事   つづき 梅甘煮




前回の梅仕事の上段の写真と今回の写真は 友達からいただいた梅の甘煮です

二日がかりで作るという、たいへん手まひまのかかったもので、

本当に食べるのがもったいないくらい、ツヤツヤして
宝石みたい。  ずっと冷蔵庫に眠っていました。

とろ~りと甘酸っぱくて、上等な和菓子を頂いているきぶんです。


わたしも挑戦してみようと、作り方を聞きました。
 
洗った梅の実 1キロ を皮が破れないように、水から
コトコト煮ながら浮いてきたアクをとる
ザルにあけて洗い流し、再びざるに入れ、一晩中水を細くして流し続ける

鍋に 梅 砂糖1キロ 水1000cc を入れ静かに煮る

やってみました。
まず鍋で煮るところから、
ふたをしたので皮がぼろぼろになってしまい
細く出した水の下に梅をおいたのだけど、水の音がうるさくて、気になって
一時間で挫折してしまいジャムになった。

残念無念  来年またリベンジしてみます。





プロフィール

管理人

Author:管理人
Y・・・・江上芳子
桑沢デザイン研究所をへて、
染色から日本刺繍の道へ。
江戸刺繍伝統工芸士
文化服装学園通信講座卒業


A ・・・・奥下朝子
桑沢デザイン研究所(ビジュアルデザイン科)を通り抜け
染色の道へゆくも挫折
イラストレーター
日本ヴォーグ 学園手編み講師養成講座卒業、
手編み指導員 手編み講師 資格取得


http://futago.cart.fc2.com/


店主 江上芳子 奥下朝子

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR