刺繍糸の編み物



.


「イタリア旅行記」が 終ったら何も書くことがない。
これ、空の巣症候群かな?

A子ちゃんと、毎日サンマルクでお茶するのが、日課なので コツコツやっていたら、必ず何か出来上がるはず。
ところが、私は身が入らないと言うか、飽きっぽいと言うか、これといって、まとまった成果がない。

A子ちゃんは、地道にコツコツセーターなんかを編んでアップしている。

ゲームばかりやってるのも情けない。

と思って、また 前々から編んでいた、日本刺繍の糸で編み物をしている。

これは、日本刺繍の絹糸を拠って、日本刺繍に使う銀糸と合わせて細編みで編むと言うもの。
始めは、仕事で 余った糸がもったいないので、つないで編んでみた。

これが楽しくてハマってしまった。

当時は、編んだ物を革工芸の人に頼んで、手さげやポッシェットなんか作ってもらってたけど、今度は自分で何か作ってみようと思う

仕事では使わない、きれいな色の糸を、あらかじめ拠ってつないで、管に巻いて用意をしておく。

編んでいると、次はどんな色が出てくるか、楽しみで止まらなくなる。

自分でも、きれいでウットリ、A子ちゃんに「ど~ですか」と、見せると、

いつも「ど~ですかは、1日1回まで」と言われる。

糸は一生使い切れない程あるので、まあとにかく、形になるようにがんばる。



.

プロフィール

管理人

Author:管理人
Y・・・・江上芳子
桑沢デザイン研究所をへて、
染色から日本刺繍の道へ。
江戸刺繍伝統工芸士
文化服装学園通信講座卒業


A ・・・・奥下朝子
桑沢デザイン研究所(ビジュアルデザイン科)を通り抜け
染色の道へゆくも挫折
イラストレーター
日本ヴォーグ 学園手編み講師養成講座卒業、
手編み指導員 手編み講師 資格取得


http://futago.cart.fc2.com/


店主 江上芳子 奥下朝子

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR