おめでとう細坪さん



中野サンプラザホールの前はすごい人、入場がなかなか終わらなくて、開演がだいぶ遅れてしまったけど、それも記念すべきお祭りらしくていいね。

初めてふきのとうのコンサートに出かけたのは、私は下の子供がまだ2歳くらいだったから、後ろ髪を引かれる思いだったよ。
それから行かれる範囲のコンサートは万障繰り合わせて全部行ったね。

ほんとに大好きだった。

あれから40年近く、子供からは暗いふきのとうと馬鹿にされ、夫からは、またクソツボ行くのかと嫌みを言われ、それにもめげずに、よく今まで頑張ったものだと思う。

でも息子が、誕生日祝いにと、ふきのとうの野音のDVD をプレゼントしてくれた時は嬉しかった。


ふきのとうが突然解散した時はすごく残念だったね。

私たちは細坪さんのファンだったから、細坪さんについてきたけど、細坪さんの声と歌だけでなく人柄に引かれてついてきた人がたくさんいるとおもう。

細坪さんにずっとついてきて、幸せな時間をたくさん持てた。


「ふきのとうは復活します。いつか同じ空の下で」というサイトを作って、署名を集めている人もいるみたいだけど、
私たちも前はふきのとうが復活してまた二人で歌ってほしいと願った時もあったけれど、今はそれはあり得ない、絶対無理なことだと思う。

山木さんと 細坪さん、二人の歩いてきた道が違いすぎる。
ないものねだりをするのはやめようよ。

細坪さん、身体を大切にしていつまでも歌って下さいね。




A


iPhoneから送信

おめでとう 細坪基佳40周年コンサート


.


いつも変わらない歌声で40年も歌い続けている坪さん。
改めてすごいと思う。

私たちも、約40周年。
家庭も顧みず、よく通いました。

初めてふきのとうと出会ったのは、朝ラジオから流れる「流星ワルツ」の声を
聴いた時。
その時は、坪さんのきれいな声とメロディーに、ガァ~んと、頭を殴られた様
な衝撃を受けたのを、今も忘れられません。

それからすぐ、近くの豊島園の野外音楽堂で、ふきのとうのコンサートが
あり2家族で出かけました。
「あした青空」 と言うタイトル、 よく覚えています。

ハマってしまったのは、A子ちゃんと私二人で、家族に白い目で見られる事にも
耐えずっと楽しんでいます。

昨日は、バックバンドを従えてのステージなので、選曲もギターもいつもの
坪さんとは違うロックな坪さんでした。

ダークスーツの坪さん、かっこいい。

譜面台もなかったので、歌詞を忘れないかとヒヤヒヤして、親戚のおばさんの
気持ちで見ていました。

前々からご自身で「40周年は長くなるよ」と言っていたけど、
4時間半も歌い続けるって、さすが坪さんです。

本当に歌うことが好きなんだね。
楽しんでいることが、客席の私たちのも伝わってきて、嬉しかったです。

この前、坪さんの中学時代の同級生に「坪さんって子供の頃からいつも
歌っていたの?」と、聞いたら、

「そんな事ないよ、隠れた才能だったんじゃないの」と言っていた。
そうだったんだ。

2回目のアンコールは、いつもの坪さんに戻って、「望み」を歌ってくれた。
それがすごくステキだった。

コンサートは、いつも物語のつもりで選曲してるって言ってた。
そうなんだね。

坪さんは、最近は、ふきのとう時代の話も素直にしていて感じがいい。

山木さんの40周年は、ふきのとう時代の歌はアンコールでしか、歌わなかったらしい。
まぁ自由だけど。

坪さん、これからもずっと私たちを楽しませてください。


Y




.

二角取り



iPhoneをバージョンアップするつもりはなかったのに、パソコンに同期したときに、ios8 に、バージョンアップされてしまった。メールの文字は大きくなっていいのだけど、もう四苦八苦、おばさんには新しいものはついていけない。

昨日まで毎日楽しんできたゲーム、「二角取り」やろうと思ったら、やれユーザーネームだ、パスワードだとうるさい。

そして次はニックネームを入れろときた。
それで「すっとこどっこい」と書いたら前にも後ろにも進まなくて、寝付くまでやっていた。

朝起きたら、またニックネームを入れろと言うので、今度は「馬鹿」と入れたら
やっとゲームが出来た。

やれやれ、バージョンアップはこりごり。

二角取りは、Y子ちゃんがお茶をするとき、一時間はやっているお気に入りのゲーム。
これが出来なくなったらもうお茶してもらえなくなるかも知れない。

iPhone6が欲しいけど、多分おばさんにはムリだろうな。







iPhoneから送信

リフォーム 約 1ヶ月半



.


クロスが貼れ、電気がつきました。 もう一息。

大工さんが来るようになって、早寝早起きのくせが付いた。

それなのに、今日は寝坊してしまって、7時過ぎに じい様に 「 電話だよ」 と起こされた。

今日は、甲府に行く日で、教室を見学をしたいと言う人からだった。

会場の名前を聞かれて、寝ぼけているのと、名前を覚えてなくて慌てた。

ノートを探しても、どこにメモしたのかわからず、あれこれひっくり返していたら、
甲府中央部市民センター と分かった。(この名前は誰でも覚えられない)

焦って答えようと思ったら、受話器が見当たらなくなった。
見つからなかったらどうしようと、必死に探したら見つかった。

受話器は携帯で電話しても、答えてくれない。

通話中に、受話器をなくさないように、気をつけよう。


Y




.

針箱



これは私がふだん使っている針箱


村岡花子のエッセイ<曲がり角のその先に> を読んでいたらこんなくだりがあった。

《すでに世に亡い息子の小さな衣類を無二の宝物として守ってきた。

その後再び子供を得てから、男の子の衣類を周囲の家々に分け、もう何も残っていないかとおもったら、穴のあいた靴下がでてきた。

あそこの家の子供さんにちょうどいい。だけど、あそこのお母さんはこれを繕っている時間がないだろう。
けど穴のあいたままはかせたら、たちまちダメになってしまう。
糸さえあれば… 糸さえ十分にあれば、手入れをしてあげられるんだけれど、
糸、糸、糸と針…これだけはたくさんほしい。》


私たちも針と糸が大好きなので、針と糸がほしいという気持ち、とてもよくわかる。

これは、戦中か終戦後の話だと思うけど、穴のあいた靴下を繕って近所の子供にあげる時代、今は穴があいていなくても捨ててしまう。

私が実家に帰ったとき、黒く透けるようになったタオルが、洗面所に干してあったので母に「新しいのが沢山あるんだから、このタオル捨てて新しいのに替えようよ」
と言っても決して捨てなかった。  母は穴のあくまで使うんだよと言った。

私はそのとき母の気持ちがわからなかった。

両親も、村岡さんと同じ時代に生きていたのだ。

今頃になってやっと母の気持ちが理解できたような気がする。


母の死後、母が使っていた針箱を貰ってくればよかったと悔やまれる。

針仕事の好きな女性にとって、小さな針箱のなかには色んな思いがつまっている。


針と糸があれば、きっと毎日を退屈しないで過ごせると思う。

A




iPhoneから送信

私も手帳



 

 

 

私も先日、A子ちゃんと一緒に東武DPのハンズで、Y の手帳を買った。

 

ふたごだからしょうがない。

どうせ、また同じものが欲しくなる。

 

今年使っているのは、マスが大きくて、書きやすかった。

今度のは、少し小さめで、丁寧に書かないと、字がはみだしそう。

でも、比べると大分軽い。

 

この年になると、軽いのが一番。

 

たいてい9月にかうと、10月から付いている。

今度のは、12月から記入なので、ダブらないところもいい。

 

今年用に買ったのは、表紙が気に入らなくて、去年の表紙と掛け替えたので、

12年 になっている。


 

やっぱり1年間お世話になる手帳は、気に入っているのを使いたい。

多少は、気持ちも盛り上がる……  かな?

 

早速、1月のコンサートの予定を書き入れた。

 

 

     Y

 

 

 

 

 

 

 

シンプルイズベスト



このあいだ東武デパートのハンズをブラブラ見ていたら、A のついた来年の手帳をみつけた。

写真の左側のチェックの手帳が今年の手帳で、スッキリ、シンプルでいいと思ったけど、最近体力が落ちて、ちょっとでも重い物を持つと肩こりしてしまうのではないかと、心配になる。

持ち物は少しでも軽く、たとえ1gでも軽く、というのが信条になってしまった。

今年の手帳は毎月のスケジュールの間にメモのページが数枚、後ろにもメモ紙がたくさんあってそれだけで、手帳を持つとカバンが重く感じる。

来年のは毎月のスケジュールのページの最後にメモ紙が数枚と地下鉄の地図だけ

薄い、小さい、軽い、よぶんなものが何もない

これこそシンプルイズベスト

余計なものをそぎ落としてゆく、これからの人生のような気がする。

A の文字だけのデザインも気に入った。
Y 子ちゃんは Yの文字の入ったのを買ってた。


A




iPhoneから送信

リフォーム1ヶ月目




.



一番上の写真は、よそ様だった。 アチャー 失敗。


A子ちゃんの愚息なんて、とんでもないよ。

毎年、誕生日祝いに 自分たちでは行けない、レストランに連れてって
もらって美味しいご飯をごちそうになって、プレゼントも同じ物を
買ってくれるし、 中々出来ることじゃないよ。

シンガポールの方に足を向けて寝れない。
本当にありがたい甥です。

今度、爪の垢頂きたい!


8月中の予定だったリフォーム、今やっと半分くらい進んだ感じ。

床も、天井もボードは貼れた。

これからは、目に見えて進むと思う。

使おうと思っていた家具も、だんだんいらなくなって来た。

2棹あった和ダンスの、残してあった1棹も今日処分してもらった。
書棚も処分した。

もったいない気持ちもあるけど、部屋が狭くなるし、その時に合った暮らしを
すれば良いと思って、思い切った。

あと何10年も生きる分けじゃないから。そんなにいらないと言い聞かせて。

(と言いながら、また物を買い込むバカな私だけど。)


9月中には完成するかな。



.

野菜専門レストラン



>


昨日は愚息が遅い誕生日のプレゼントにとランチに
誘ってくれたので Y子ちゃんでかけた。


高田馬場の駅の近くで 野菜料理の店 CAPOLAVORO
(ステーキもあるけど)

お昼過ぎとはいえ店内はいっぱいだった。

でて来るものは端からはじまで野菜。肉嫌いな私たちには安心して食べられて良かった。

料理がくるとみんな写真を撮っている。
食べるのがもったいないような綺麗な料理。

ここの野菜は息子の知り合いの農家の師匠から野菜を仕入れていると言っていた。


A



iPhoneから送信

リカヴゥの誘惑




.



毎月教室で甲府に行くので、必ず立ち寄るのが甲府駅ビルの「リカヴゥ」。

いつもインポート物の新しい品物が、置かれている。
ディスプレイも上手で、つい購買意欲をそそられる。

洋服もステキなのがたくさんある。
でも、それは見るだけ。
最近は、子供服も充実して来た。

甲府のみんなに宣伝してるけど、甲府市民は駅ビルに行く用事がないらしい。
それに、高級志向の人は、東京に買物にくる。

昨日は、雑誌が沢山入る大きな入れ物。 便利そう、片付きそうと、思った。

てっきり帆布かと思ったら、家で出してみたらビニールだった。
一番散らかるのが、紙や本類だから、私には絶対必要と思って買ってきた。

黄色、赤、緑、青 レゴの色で、青を選んだ。
新しい白い部屋にピッタリと思ったんだけど。

リカヴゥさん 飾るの上手だなと、感心している。
家のと、全然違う。 それに中国製。 まっ いっか。


Y


.

夏の終わりの小さな旅




  

↑飯田市のマンホールのデザインは林檎


夏の終わり、秋の初め、ほんとにのんびりした旅だったね。
これがほんとの命の洗濯というのかな。

どこにも行かず、何も見ず、こんな旅が憧れだった。そして旅には細坪さんのコンサートがついてくる、
これが最高.。    しかも二日も

細坪さんの歌は情景が浮かんでくる叙情詩のような曲が好き。
丁寧に一生懸命に歌うところが好き、いつもどのコンサートでも、同じに歌うところはすごいと思う。


たくさん歩いて素敵なものを見つけて、時間が余ったらカフェと編み物と本、こんな贅沢な旅ってあるかな。
また歩きたい町があったらコンサート行きたいね。


往きは特急伊那路に乗り遅れて鈍行で行ったけど、帰りは乗り遅れないように神経使って座席指定に乗ったら、
その車両は三人しか乗っていなかった。

帰りはもう夕方で、だんだん暮れてゆく窓の外の景色は、遠くの山並みから湯気のような白い雲が湧き立っていて、
初めて見る景色だった。

崖の下には天竜川の急流


新幹線でJR でなければ買えないというスジャータのアイスクリームを食べた。

これはラジオのリスナーさんが、一番おいしいアイスクリームと言っていたアイスで、
カチカチに凍っているのでしばらく置いてから食べなければならない。
美味しかった

家に帰ってお風呂でゆっくり手足を伸ばして、家のパンで食事をした。

旅行中はパンはほんの少しと、お蕎麦と、ご飯ばかり食べていたので、パンが食べたくて。
質素なパンでも毎日食べている家のパン、美味しかった。


旅もいいけど家もいい

              A

神戸屋 馬喰横山 ランチバイキングの入り方


.


馬喰横山の神戸屋は、都営新宿線の馬喰横山駅 都営浅草線との乗り換え改札の
中にあります。

駅構内です。

11時からだと思います。

12時前には行った方が良いです。

パン好きにはたまりません。 是非いらして下さい。


Y


.

細坪基佳飯田コンサートと、珍道中




.
30日名古屋と、31日飯田と、初めて2日間続けてコンサートに行った。
こう言うの〝追っかけ〟っていうのかね。

名古屋は、大きなホールだったけど、飯田は CANVAS というライブハウスで
早く着いたので、一番前の席で、お話ししながらツボさんの歌を聞いてる
感じで、ステキさ10倍だった。

名古屋からの道中は、せっかく ビュー伊那路の指定席取ってあったのに、
豊橋に早く着いてしまったばっかりに、行き先の違う止まっていた電車に
跳び乗ってしまい、戻ったので、ビューには乗れなかった。

4時間、54駅の鈍行で行った。
途中、撮り鉄さん達がホームに降りて、写真を撮っていたので
私も、 伊那小沢駅で、反対方向から来る飯田線をパチリ。

時間たっぷりあったので、鈍行の旅も楽しかった。

今日は、長野に来たら、やっぱり 蕎麦を食べたい。
ライブハウスのオーナーさんに教えてもらった〝かざこし〟でザルと天丼のセットを食べた。

美味しかった。 満足、満足!!

飯田は公園の樹に、林檎がたわわになっていたのもすごい。



. Y
プロフィール

管理人

Author:管理人
Y・・・・江上芳子
桑沢デザイン研究所をへて、
染色から日本刺繍の道へ。
江戸刺繍伝統工芸士
文化服装学園通信講座卒業


A ・・・・奥下朝子
桑沢デザイン研究所(ビジュアルデザイン科)を通り抜け
染色の道へゆくも挫折
イラストレーター
日本ヴォーグ 学園手編み講師養成講座卒業、
手編み指導員 手編み講師 資格取得


http://futago.cart.fc2.com/


店主 江上芳子 奥下朝子

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR