佐野洋子の世界展   と  細坪基佳コンサート


先週 甲府駅を通った時、山梨美術館での「佐野洋子の世界展」のポスターを見かけた。

ちょうど ツボさんの甲府桜座のコンサートの日に行けると思って、A子ちゃんと行くことにした。

新宿発 8時の スーパーあずさ で甲府まで行き、駅からバスで 県立山梨美術館に行った。









佐野さんの子供の頃からのご家族の様子とか、生活の様子とかどこを切り取っても面白い。

いさぎよい生き方で、痛快な人生を送られて、絵本やエッセイもたくさん送り出し、亡くなられて本当に残念で仕方ない。

洋子さん愛用の道具や、重箱、食器なども展示されていた。

最終日に間に合って良かった。

山梨美術館は3回目なのに、こんなステキな庭園あるとは知らなかった。

お庭でゆっくり昼食して、桜座の コンサート に 行った。




ツボさん、白のジャケットとパンツ 白黒のシャツで登場、新曲の弾き語りで始まった。

桜座の不思議な雰囲気で、ツボさんもリラックスしているみたいだった。

選曲は新しいアルバムの新曲が多かった。

ライブの歌い方とCDの歌い方の違いとか説明してくれた。

ツボさんは学生の時は先生か、コピーライターになりたかったそうだ。

だから詞を書くの得意なんだ。

おなじみの歌も、回転木馬とか、バス停とか、優しさとしてとか歌ってくれた。

ステキな歌声に癒されて、楽しいコンサートだった。






外に出たら、何やら車全体に写真が貼ってある車が止まっていた。

よくよく見たら、全部  ふきのとうと細坪さんの写真だった。

充実した1日だった。



ピーターラビット




五月の終わり、二人で映画「ピーターラビット」をみに行きました。
本当の娯楽映画で、ピーターラビット好きには気楽に見れて、楽しい映画でした。






一昨年訪ねたピーターラビットのふるさと、ウインダミア。うみの親のビアトリックス・ポターさんの家も拝観した。
そこのいえの庭にはマグレガーさんの畑や木戸かがあって、野菜や花がたくさん植えられていた。

今にもウサギが飛び出してきそうな庭でした。

ウサギ嫌いなマグレガーさんが死んだ後に、もっとウサギが嫌いな甥のマグレガーが引っ越してきて、
なんとかこの家から追い出そうと、かわいいとばかり思っていたピーターラビットが、映画の中では大暴れ。

最後は丸くおさまるという、単純なストーリーですが、何も考えずに楽しめる映画は大好きです。




これは私のコレクションのピーターラビット、パスネットの絵柄です。


雨がほしい


ここだけの話ですが、畑の隣は土ほこりがこわいです。




こんな時は、一時 心癒されますが、

今はこんな状態。




運が悪いことに、春と秋の風の強い時がこんな風です。

耕したままで、風がなくても家の中に土が入って来ます。

築50年の古い家なのでなおさら。

マメに掃除をすればいいのですが、それが一番苦手なのです。

今は、雨乞いをするしかありません。

本当に、お隣に聞こえないように、小声で書いています。




ほんとに、土埃は大変だよね。

何回拭いても家の中ザラザラで

(何回もふく場合)拭かないとどんどん溜まっていく。

昔見た映画「砂の女」こわかった。



早く埃の季節が終わって欲しいね。




               あ

ポリジ


ポリジという名前のハーブ
ブルーの星形の小さな花を咲がかわいいけど
こんなにおおきくなるなんて知らなかった。

近くの梅林公園の花壇の道を通ったら、ボランティアでお花の世話をしている、知り合いの方に会った。
花と実のなる木を育てる会のリーダーで、近くの美容室の先生で(昔は行ってたけど今は行ってない)火曜日の体操の帰りに通ると、よくお花の世話をしている。
ちょうどポリジの所にいらして、見せてもらった。
タネがたくさんできて、いくらでも増えるよと、小さな苗をいただいた。
なんでも枯らす私の家でも大丈夫かなと思いつつ鉢より地植えがいいかと思って地面に植えた。

一週間たったらずいぶん大きくなった。
早く花咲かないかな~

中央線 石和温泉駅は薔薇がきれい


この時期、甲府に行くのがちょっと楽しみです。





甲府方面行きのホームのフェンス(真ん中より前側)  に、つるバラが

たくさん咲いているから。

駅長さんか、職員の人が丹精込めて育てているのでしょう。

バラ園には遠く及ばないけど、旅のひと時を癒してくれる。

「あずさ」や 「スーパーあずさ」では通り過ぎてしまうので、

「かいじ」に乗るのが鉄則です。











甲府に行く方は、かいじの窓  (左側)  から是非見てくださいね。

ツボさんの桜座のコンサートの時も見れるといいな。



プロフィール

管理人

Author:管理人
Y・・・・江上芳子
桑沢デザイン研究所をへて、
染色から日本刺繍の道へ。
江戸刺繍伝統工芸士
文化服装学園通信講座卒業


A ・・・・奥下朝子
桑沢デザイン研究所(ビジュアルデザイン科)を通り抜け
染色の道へゆくも挫折
イラストレーター
日本ヴォーグ 学園手編み講師養成講座卒業、
手編み指導員 手編み講師 資格取得


http://futago.cart.fc2.com/


店主 江上芳子 奥下朝子

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR