桃の花が満開




中央線の車窓から見える、満開の桜が美しい。

それにも増して、きれいに咲いているのが、桃の花。

甲府の家は庭で桃が出来る。

教室の生徒さんも、農家でもないのに庭に70本も桃の木があって

大変なのと言っていた。

今年は、みんなで桃もぎにおじゃまする事になっている。   すごく楽しみ。

その前に待っているのが、デパートの催事。

〈町田小田急〉から、お誘い頂いたので19日~25日まで「食と技展」に出る事になった。

少し私らしいものをと思って、ボチボチ作っている。







思ったようには進まないけど、どうにかなるかな。   

あまり頑張りも効かない。   よ

今年も横浜赤レンガ倉庫



赤レンガ倉庫の前の空き地(ガーデン)には色んな花がたくさん咲いている、
きっちりとした花壇ではなくて、自然観いっぱいの花や草、日曜日の趣味の園芸でも取り上げていた。

暑くなく寒くなく、散歩日和。子供連れの親子をたくさん見かけた。


細坪さん、喉をいためたと聞いていたけど、色々努力の結果、調子ももどったようです。
良かったね、タバコもやめて良かったね‼︎



赤レンガ倉庫のホールは、あんがい小さなホール。
フラットな床に折りたたみの椅子を並べている。私たちは三列目だから良かったけど、後ろの方の人は見にくかったでしょうね、きっと。



コンサートが終わって外に出る。
美しくライトアップされた赤レンガ倉庫をあとに、ぞろぞろと家路に急ぐ。
また来年も来れるかな
充実した日曜日でした。


「子供時代に戻る」は ほんとかな





私は子供の頃は、着せ替えと絵を描く事が好きだった。

絵と言っても絵画ではなく、いつも人形の幼稚な絵を描いて遊んでいた。

最近仕事の刺繍が、お絵かきのように、好きなものを描いて、刺繍をするのが楽しい。

糸で絵を描く事と同じだなと、思うとおかしい。

仕事と思うと、億劫でなかなか捗らないけど。

昨日寝ながら深夜便を聞いていたら、詩人の  新川和江さんがお話していて、

全うする人生なんてないのよ。

みんな死ぬときは道半ば、やり残したものがあるのが当たり前。

全うして、死ぬのを待つなんてつまらないでしょ。

と言っていた。

ガッテン  ガッテン!!!そうだよね。

中途半端なものばかりなので、その想いにとらわれて、にっちもさっちも行かない気分で焦っていた。

もう定年をとっくに過ぎた年なんだから、やりたい事やって、楽しく過ごそう。

と、思ったら気が楽になった。

でも、もう新しいこと始めないように。

材料買い込まない様に。

絶対だよ、Y子ちゃん。


人形も旅立ち




今年は三月になってもなかなか春めいてきません。
ようやく靖国神社の桜の蕾も色づいてきたようです。

コブシのはなが咲きだすと、正真正銘の春という、長年の経験なんですけどね。


この旅立ちのとき、わたしの人形も縁あって
友人のところに、それぞれ出かけて行きました。

上の人形は、六号(30㎝)の人形を作り、亡きお母様の形見のお着物のを人形のきものにして、とのご要望で人形の着物の先生にお願いして縫っていただいた。

下の写真の人形は五号(23㎝)の子で 着物は、古い着物をほどいて Y子ちゃんが
縫った。

きっと大切にしてもらえると思っている。


あんだりぬったり   からのお知らせ


この度、今後の 「あんだりぬったり」の、商品お買い上げの 送料 を無料に致します。

70才から始めた ネットショップ「あんだりぬったり」も、早いものでもう3年も経ちました。

ですが最近は、すっかり中だるみになってしまい、新しい品をあまりアップしていません。

それでも、ページを開いて下さる方がたくさんいて、2人で日々 感謝そして反省しています。

日常の事も忘れっぽくなりつつありますが、元気で頑張っていくためにも、
l
作る事も私たちらしく頑張ります。

これからも、よろしくお願い申し上げます。

あ  よ

プロフィール

管理人

Author:管理人
Y・・・・江上芳子
桑沢デザイン研究所をへて、
染色から日本刺繍の道へ。
江戸刺繍伝統工芸士
文化服装学園通信講座卒業


A ・・・・奥下朝子
桑沢デザイン研究所(ビジュアルデザイン科)を通り抜け
染色の道へゆくも挫折
イラストレーター
日本ヴォーグ 学園手編み講師養成講座卒業、
手編み指導員 手編み講師 資格取得


http://futago.cart.fc2.com/


店主 江上芳子 奥下朝子

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR