FC2ブログ

細坪基佳  Nature of Year

細坪基佳さんのニューイヤーコンサート

毎年恒例です。この日はなかなか東京のコンサートに参加できない方も総参加で
いろんな人に会うのでまるで同窓会のよう。

きゅりあんのエレベーターの入り口に向かったら、目の前に長い行列が見えた。



何この行列は、なんのイベントかと思って
並んでいた男性に聞いてみた。
「コンサート会場に行く」と言うので
「細坪さんの?」と聞いたら「そうです」
との答えに   えーすごーいと言いながら最後尾についた。



チケット完売ということで、細坪さんもテンション上がっていた。

ゲストの方が三人いらしていた。

まず1人目のゲストはシンガーソングライターの山梨鐐平さん

「僕のエレファント」や「ブルー」などこんな不思議で素敵な曲を書いた山梨鐐平さんてどんな方かと興味津々だったけど、やはり想像通りの静かな方でした。

お喋りなツボさんと寡黙な山梨鐐平さんが
対照的で面白かった。

ベートーベンの時代のギターを静かに奏で
静かなオーラに包まれた方でした。

ツボさんとコラボして歌ったけど、
やはりツボさんが歌いなれているせいか、ツボさんの方が断然素敵と思った。

この日はふきのとう時代の曲は一曲も歌わなかった。「白い冬」も

ツボさんのこれからのボーカリストとしての意気込みが感じられた。


なんといっても素敵だったのは

アンコールで歌ってくれた「雲のわだち」だった。

私たちはちょうどツボさんの真正面の席だったので、まるで私たちのために歌ってくれている
ようで、感激してしまった。

「あれは絶対私たち2人のために歌ってくれたんだよね」ウンウン  と、反省会で盛り上がった。

最近ワクワクを忘れていたけど、久しぶりにワクワクした日でした。   あ~  シアワセ

明けましておめでとうございます。Ⅱ






年末年始なんて面倒くさいと思っていたら、もう10日も過ぎた。

抱負もないけど、今年はワンピース3枚作りたい、、、、とか。

あまりみすぼらしい格好にならないように気をつけようとか思う。

最近は体力、気力の衰えをヒシヒシと感じる。

以前毎日歩いていた距離が遠くて、途中からバスに乗ってしまう。

荷物もズッシリと肩に食い込む。

無理しないで、元気でいられればいいか、と思う。


先日美容室に行ったら、一人でやっている、40代前半の美容師さん。

前からきれいにしていて、開店して4、5年経つけど全然きれい。

いつもカットした髪の毛は、その都度サッと掃く。

使った薬材や道具はすぐ洗ったり拭いたりして片付ける。

10分の待ち時間は、鏡ごしに見ていたらシャンプー台や、カウンターや、戸棚の扉まで雑巾掛けしていた。

何てこった。   私って、やっぱりダメだ。

きれい暮らすにはこうでなくちゃ。

早く家に帰って掃除しなきゃ、なんて思ったけど、すぐに忘れた。

今年もいつもと同じように暮らしていくんだろうな。

 

明けましておめでとうとございます

のんびりしています。

  昨年作った人形


仮住まいのお正月、静かです。

家でもほとんど一人だし、ご近所も子供の声もしなきゃ、大人の声もしない。


今年の抱負を考えてみた、

健康に暮らせればいいと、

座右の銘は「後悔先に立たず」

これだ! いつも「あの時こうしなきゃ」、「あんなこと言わなければ良かった」
と後悔ばかり。

これからは「ちょっとした怪我が一生寝たきりに」なんてなりかねない。

残された人生後悔しないように肝に銘じようと思う。


ゆっくりと、慎重に         A

これは何?





昨日、最寄りの地下鉄の改札を出たら、大勢のおばさん達が一斉に叫んでた。

物々しくて、何事かと思った。

「歳末たすけあいにご協力ください」 と言っていた。

数えたら、お揃いの衣装を着たおばさん11人が、ずらっと並んでいる。

そんなに皆んなで叫ばなくても‥‥‥

私だって、町会でも寄付してるし、思った時はやっている。

ずらっと並んで叫ばれたら通るに通れない。

それより、皆さん納得して参加してるのかしら?

善意なら何をやってもいいと言うわけではないでしょ。

お揃いの衣装だって、経費かかるんでしょ。

と、思った次第です。




追伸

同感 私も嫌な思い出があるよ

選挙のときだったけど、私一人しか通ってないのに 同じ黄緑色のパーカーを
着た大勢の女性が一列に並んで一斉に「◯◯をお願いします」と叫びはじめた。

失礼だよね、他にも歩いている人がいるなら、無視して通ればいいけど、



悔しいからあっち向いて通ってやった。 ーあー



小さい暮らしはむずかしい

七月にこの家に引っ越してきた。

たかが半年くらい、最小限のもので暮らしてみようと思って、ホントに必要そうな物だけ出して、
あとはダンボールに詰めて倉庫に入れてある。

ところが、たかが半年、されど半年、
あれがあれば、これがあればと、とても不自由な生活を強いられることになった。

まず困ったのが、フードプロセッサー
ハンバーグやミートソースを作るのに、フードプロセッサーがないと玉ねぎのみじん切りがたいへん。

まな板も小さいのを一枚だけ出して、あとはしまった。

食器は何を使っても食べられるけど、道具はそうはいかない。

なにかと困ったことが多い。、ミニマリストの人はどんな暮らし方をしているのだろう。

ものづくりするのにも、道具や材料が全部揃っていないと、先に進めない

これから新しい家で、物に埋もれないで
あこがれの小さな暮らしできるのかな?

     ーあー
プロフィール

管理人

Author:管理人
Y・・・・江上芳子
桑沢デザイン研究所をへて、
染色から日本刺繍の道へ。
江戸刺繍伝統工芸士
文化服装学園通信講座卒業


A ・・・・奥下朝子
桑沢デザイン研究所(ビジュアルデザイン科)を通り抜け
染色の道へゆくも挫折
イラストレーター
日本ヴォーグ 学園手編み講師養成講座卒業、
手編み指導員 手編み講師 資格取得


http://futago.cart.fc2.com/


店主 江上芳子 奥下朝子

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR